Tutorials の Display humans around distances を試す


Tutorials の Display humans around distances を試しました。

この例では、ロボットの周りの人の一覧を取得するために Interaction サービスを使用します。
フレームは、一人一人に関連付けられ、Actuation サービスもロボットのフレームを出力します。
これらの情報を用いて、ロボットと一人一人との間の距離を計算することができます。

プロジェクトの作り方は Say “Hello, world!” と同じです。

Github に Android Studio のプロジェクトを公開しました。

動作確認
残念ながら、何の動作もしません。
Interaction サービスを使っていますが、エミュレータではイベントがイベントが発生していないのでしょう。