20141215_workshop

Team Lab Pepper ワークショップ


20141215_workshop

2014年12月16日に、アルデバラン・アトリエ秋葉原 で行われた Team Lab Pepper ワークショップ に参加した。
講師はチームラボの田口優希さんで、テーマはモーション制作方法です。
なお、資料は Github で公開されています

待機中の Pepper たち
20141215_peppers 20141215_sdK_network

最初に20分ほど、SDKを使ったモーションの作り方の説明がありました。
参考 Pepper チュートリアル:ポーズを作る

次に30分ほど、9月の Pepper Tech Festival で行われた The light orchestra の裏話が紹介されました。
動きがロボットっぽいので、どうやって人間らしい動きにしたのか。
モーション制作に時間がかかるので、どうやって短期間でクオリティを高めたのか。
一番大事なのは「Pepper への愛情」とのこと。

1時間半ほど、上記のイベントで作った動きを元に、ハンズオンがありました。
直線的でカクカクしたいかにもロボットという動作から、曲線的でなめらかで人間ぽい動作を、作りだす方法を教わりました。
具体的には、Timeline Editor を使って、ポーズとポーズの間に変化をつけていきます。
ポーズは、全ての関節に対して、同じタイミングで位置が固定されます。
Timeline Editor では、ひとつひとつの関節に対して、任意のタイミングで位置を設定することができます。
20141215_sdK_sdk_flow 20141215_sdK_timeline
20141215_sdK_worksheet 20141215_sdK_curve

下記の写真は、作成したモーションを後日撮ったもの。
20141216_pepper_pose_1 20141216_pepper_pose_2 20141216_pepper_pose_3 20141216_pepper_pose_4