20150220_pepper_2

Pepper 開発者向け発売開始


20150220_pepper

2月27日からPepperの開発者向けの発売が開始します。
感情認識パーソナルロボット「Pepper」を開発者向けに発売

台数は300台で、昨年9月に受付けたデベロッパー向け先行モデルに落選した方を優先するそうです。

ロボアプリ
ベーシック・アプリとストア・アプリが用意されました。
ベーシック・アプリは、あらかじめ搭載されているもので、「写真とって」「伝言ペッパー」などが用意されています。
ストア・アプリは、アプリ・ストアからダインロードするもので、「おとあて」「Yahoo!きっず図鑑」などが用意されています。

先行モデルでは、ベーシック・アプリは、「僕と話すのは初めてですか」という簡単なものが搭載されていただけです。
また、アプリ・ストアは存在してなかったです。
これらのロボアプリは、先行モデルでは、どうなるのかな。

価格と料金プラン
(1) 本体価格:198,000円
(2) Pepper 基本プラン:14,800円×36カ月(分割支払)
クラウドの音声認識エンジンを活用した会話機能や、各種ロボアプリおよびアプリストアの利用などPepperとの生活に必要なものが含まれるプランです。
(3) Pepper 保険パック:9,800円×36カ月(分割支払)
Pepperが故障した際などにサポートや特別価格での修理を何度でも受けられるサービスです。
これに消費税がかかるので、3年間で約98万円です。

先行モデルとの比較では、本体価格は 198,000円 で同じです。
デベロッパー特別パックとして 9,800円×36カ月 がありますが、内容は保険パックと同じものです。
基本プランは、無かったです。
基本プランに含まれるクラウド機能やアプリストアは、先行モデルでは、どうなるのかな。

追記
2月22日の Pepper App Challenge 決勝大会 にて、先行ユーザには無償のアップグレードが行われることが発表されました。
今回の開発者向けモデルと同じになるそうです。
ただし、時期は秋頃です。
20150222_app_upgrade

参考
ソフトバンク、ヒト型ロボ「Pepper」を開発者向けに発売–2月27日から300台
基本プランは月額1万4800円、「Pepper」開発者向けに販売開始
ソフトバンク、感情認識ロボ「Pepper」初回生産分の販売を開始