20150320_atelier_pepper

Pepper App Challenge 作品説明 その2


20150320_atelier_pepper

2015年3月20日に アルデバラン・アトリエ秋葉原 で開催された Pepper App Challenge 応募者による作品説明 その2 に参加しました。
今回は「Pepper Remote」と「Quiz Shamanoid P」です。

Pepper Remote
「Pepper Remote」 はスマートフォンから Pepper の移動や発声などをコントロールするアプリです。
WebSocket を活用して実現しています。

Pepper側
Python の Web Socket ライブラリを使っています。
プロジェクトの配下に lib ディクトリを作って入れています。
Pepper 側のアプリが Github で公開されています。

サーバー側
node.js, Nginx, Express4, WebSocket を使って実装しています。
サーバーは複数台の Pepper に対応できます。
Pepper からトークンを発行します。
サーバーでは、Pepperとトークンを対応させて、MySQL で管理しています。

スマートフォン側
説明はありませんでした。
サーバーで作成したWEB画面を、ブラウザで見ているのだと思います。
20150320_atelier_pepper_remote_mysql20150320_atelier_pepper_remote_sdk

Quiz Shamanoid P
「Quiz Shamanoid P」は偉人の名前を当てるクイズです。

予めサーバー上に偉人の名前のリストを用意しています。
偉人に関する情報は、Wikipedia Simple API を利用して、収集しています。
不正解のときのリアクションを重視しています。
大きな動きをしながら、「俺はそんな性格の悪い奴ではない」というようなツッコミを入れるようにしています。

20150320_atelier_quiz

感想
2つのアプリとも WEB と連動しています。
そのため、独自に Python ボックスを作っていました。
既存のボックスだけだと、いろいろ足りない機能があるみたいです。

Pepper Remote