20141031_action_1

Pepper の初期設定


20141031_action_1

まず、電源を入れます。
首の後ろについている非常停止ボタンを解除します。
胸のある電源ボタンを押します。
タブレットの後ろに隠れていて、少し押しにくいです。
20141031_button_emergency 20141031_button_power

あとは、タブレットの指示に従って、設定します。
(1) GETTING START LANGUAGE
(2) 表示言語設定
(3) エンドユーザー使用許諾契約
20141031_1_gettig 20141031_2_lang 20141031_3_construct

(4) ネットワーク設定
(5) ロボットの名称を変更
 元の名前は「juliette」です。これはコードネームらしい。
(6) ロボットのパスワードを変更
20141031_4_network 20141031_5_name 20141031_6_password

(7) アルデバランのアカウントにロボットを接続する
(8) ロボットの設定が完了しました。
(9) マイロボット
20141031_7_account I20141031_8_end 20141031_9_myrobot

設定中に、何度か WiFi に接続できなくなりました。
いったん、電源を切って、再起動しました。
すでに、設定されている項目はスキップして、まだ設定していない項目から、開始されます。

Pepper の初期設定」への2件のフィードバック

  1. ペッパーの初めての設定で現在のロボットパスワードの入力は何を入れればいいのですか?色々入れてみたけど全部間違っていると出ます。

    1. ソフトバンクへお問い合わせください。
      この記事は、初期の開発者向けモデルのものです。
      現在の一般向けモデルとは仕様が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です