タグ別アーカイブ: アトリエ秋葉原

IMG_20160529_180228

Pepper SDK for Android Studio 体験会


IMG_20160529_180228

5月29日にアトリエ秋葉原で Pepper SDK for Android Studio 体験会 が開催されました。
まだ、対応する実機がないということで、体験会というよりも説明会という感じでした。
私は 「Pepper SDK for Android Studio を試してみた」 という発表をしました。
参加者には、ステッカーが配布されました。
20160529_sdk_sticker

詳しいことは、ロボットスタートさんが記事を書かれています。
「Pepper SDK for Android Studio 体験会」に行ってきました

ソフトバンクの公式サイトでも紹介されました。
Pepper SDK for Android Studio 体験会

ソフトバンクロボティクスの縄田昇司さんから、今回の Android 対応に関する説明がありました。
ソフトバンクとしては、開発者の裾野を広げたい。
現在の Choregraphe の開発環境は、何でもかんでもゼロから作る必要があり、不十分だと考えている。
オープンなプラットホームを活用して、開発者が楽しく開発できる環境を作っていきたい。
Androidに対応したことにより、開発者のメリットは3つある。
(1) Android 開発と同じ UI/UX で、ロボアプリの開発ができる。
(2) バーチャルロボット環境にて、タブレットのエミュレーションが可能になった。
(3) 将来的に、Google Play を通じてロボアプリを配布・販売できる。盗撮アプリのようなものが、配布されないように、セキュリティなど諸問題について、Google と協議中です。

ソフトバンクロボティクスの猿田晋也さんから、Pepper SDK for Android Studio に関する説明がありました。
現在開発中であり、最終的な仕様は変更になるかもしれない。
対応OSは、Linux と Window 8.1以前の Windows OS です。
MAC も動作しますが、社内での検証が終わっていないので、サポート外となっています。
スライド Pepper SDK for Android Studio 体験会 – Softbank Robotics

現在の Pepper に対するバージョンアップの計画について、質問がありましたが。
時期や料金については検討中、という回答でした。

Pepper Cardboard のキャンペーン実施中です。
Qiita に「開発サンプル」や「やってみた体験」を投稿した方に進呈しますとのこと。
私は発表したお礼として頂きました。
20160529_sdk_cardboard

私の方から、「Pepper SDK for Android Studio を試してみた」という発表をしました。
関連して、Github を2つ作りました。
Pepper_Android_Tutorial ソフトバンクの公開している Tutorial に関するもの
Pepper_Android_SDK SDK を使った Android アプリ

5月30日にも体験会がありました。
富田篤さんが発表したスライド。
Pepper SDK for Android Studio を Macで動かしてみた

ワークショップ : Android アプリでPepperを喋らせてみる


20151002_pepper_android_opening

2016年5月19日の発表に関連して、この記事を読みに来た人へ。
人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応 もどうぞ。

10月2日に アトリエ秋葉原 にて Android アプリでPepperを喋らせてみる を開催し、講師を担当しました。
今回は、日本Androidの会 と アトリエ秋葉原 の合同企画で、Android 端末から Pepper を操作するという内容です。
Android アプリの開発経験者という参加資格だったにも関わらず、20名ほどの方に参加頂きました。

参加者層は、Pepper が初めての人が多いと想定していましたが。
実際には、初めての人は数人で、大多数は Pepper アプリの開発経験がある人でした。
当初の予定では、前半は Choregraphe による Pepper アプリの講習、後半は Android アプリの講習と、思っていましたが。
予定を変更して、Choregraphe の講習と、Android アプリの講習を、平行して行うことにしました。

最終的には、9割がたの人が、Android アプリを作成して、Pepper にしゃべらせることが出来ました。
20150903_pepper_speaker__main 20150914_pepper_move_toward _20151002_pepper_image_remote

ロボットスタートさんが記事にしてくれました。
「日本Androidの会 x アトリエ秋葉原 勉強会」に行ってきました。

ワークショップの資料
Android アプリで Pepper を喋らせてみる

20150403_quiz_app_2

Pepper App Challenge 作品説明 その4


20150403_quiz_nao 20150403_quiz_pepper

2015年4月3日に アルデバラン・アトリエ秋葉原 で開催された Pepper App Challenge 応募者による作品説明 その4 に参加しました。
今回は「Quiz with Pepper」です。

Quiz with Pepper
「Quiz with Pepper」 は Pepper のタブレットに表示される写真に写っているものの名前を答えるクイズです。
クイズのデータは、WEBサーバーに保存されていて、Pepper からランダムに取得されます。
クイズのデータを設定するときは、WEBブラウザから人手で写真と答えの組み合わせを入力します。
デモをしたあとで、詳細を説明して頂きました。
20150403_quiz_demo 20150403_quiz_app

Pepper × WEB のサンプルアプリ
Pepper と WEBサーバー の通信は REST です。
Oyoyo Project さんから、REST のサンプルアプリが Github で公開されています。
Livedoor から 天気予報 のデータを取得して、Pepper が読み上げてくれます。
その場で試してみたところ、バーチャルロボットでも動作しました。
20150403_quiz_project 20150403_quiz_dailog

感想
今回のアプリは WEB と連動しています。
そのため、独自に Python ボックスを作っています。
WEB 関係は、標準的なボックスが欲しいですね。

Quiz with Pepper

20150320_atelier_pepper

Pepper App Challenge 作品説明 その2


20150320_atelier_pepper

2015年3月20日に アルデバラン・アトリエ秋葉原 で開催された Pepper App Challenge 応募者による作品説明 その2 に参加しました。
今回は「Pepper Remote」と「Quiz Shamanoid P」です。

Pepper Remote
「Pepper Remote」 はスマートフォンから Pepper の移動や発声などをコントロールするアプリです。
WebSocket を活用して実現しています。

Pepper側
Python の Web Socket ライブラリを使っています。
プロジェクトの配下に lib ディクトリを作って入れています。
Pepper 側のアプリが Github で公開されています。

サーバー側
node.js, Nginx, Express4, WebSocket を使って実装しています。
サーバーは複数台の Pepper に対応できます。
Pepper からトークンを発行します。
サーバーでは、Pepperとトークンを対応させて、MySQL で管理しています。

スマートフォン側
説明はありませんでした。
サーバーで作成したWEB画面を、ブラウザで見ているのだと思います。
20150320_atelier_pepper_remote_mysql20150320_atelier_pepper_remote_sdk

Quiz Shamanoid P
「Quiz Shamanoid P」は偉人の名前を当てるクイズです。

予めサーバー上に偉人の名前のリストを用意しています。
偉人に関する情報は、Wikipedia Simple API を利用して、収集しています。
不正解のときのリアクションを重視しています。
大きな動きをしながら、「俺はそんな性格の悪い奴ではない」というようなツッコミを入れるようにしています。

20150320_atelier_quiz

感想
2つのアプリとも WEB と連動しています。
そのため、独自に Python ボックスを作っていました。
既存のボックスだけだと、いろいろ足りない機能があるみたいです。

Pepper Remote

20141215_workshop

Team Lab Pepper ワークショップ


20141215_workshop

2014年12月16日に、アルデバラン・アトリエ秋葉原 で行われた Team Lab Pepper ワークショップ に参加した。
講師はチームラボの田口優希さんで、テーマはモーション制作方法です。
なお、資料は Github で公開されています

待機中の Pepper たち
20141215_peppers 20141215_sdK_network

最初に20分ほど、SDKを使ったモーションの作り方の説明がありました。
参考 Pepper チュートリアル:ポーズを作る

次に30分ほど、9月の Pepper Tech Festival で行われた The light orchestra の裏話が紹介されました。
動きがロボットっぽいので、どうやって人間らしい動きにしたのか。
モーション制作に時間がかかるので、どうやって短期間でクオリティを高めたのか。
一番大事なのは「Pepper への愛情」とのこと。

1時間半ほど、上記のイベントで作った動きを元に、ハンズオンがありました。
直線的でカクカクしたいかにもロボットという動作から、曲線的でなめらかで人間ぽい動作を、作りだす方法を教わりました。
具体的には、Timeline Editor を使って、ポーズとポーズの間に変化をつけていきます。
ポーズは、全ての関節に対して、同じタイミングで位置が固定されます。
Timeline Editor では、ひとつひとつの関節に対して、任意のタイミングで位置を設定することができます。
20141215_sdK_sdk_flow 20141215_sdK_timeline
20141215_sdK_worksheet 20141215_sdK_curve

下記の写真は、作成したモーションを後日撮ったもの。
20141216_pepper_pose_1 20141216_pepper_pose_2 20141216_pepper_pose_3 20141216_pepper_pose_4

アルデバラン・アトリエ秋葉原


20140923_pepper_robot

2014年9月23日に、アルデバラン・アトリエ秋葉原 で開催された Pepper 開発体験 ワークショップ に参加しました。
場所は アーツ千代田3311 の中にあり、同じフロアーのお隣は はんだつけカフェ です。
20140923_pepper_333120140923_pepper_handa

部屋は20帖ほど、Pepper が4台あります。
20140923_pepper_atelier20140923_pepper_room

Pepper の部品や NAO も展示してあります。
20140923_pepper_hand20140923_pepper_arm
20140923_pepper_wheel20140923_pepper_nao

20名ほどが参加し、3チームに分かれて、講習を受けました。
チーム毎に、Pepper が1台と、開発用のMAC が1台が、用意されています。

1時間ほど、サーボの動かし方、タッチセンサ、音声認識などの使い方を教わりました。
開発環境は、GUI方式で、使いやすいです。
用意されているブロックを置いて、線をつなぐ方式なので、プログラムの経験のない人も、すぐに使えるようになります。
Pepper 本体とは WiFi で接続します。
応答速度もよく、指示したとおりに、スコスコ動きます。
暴走したときの非常停止ボタンは、首の裏にあります。
20140923_pepper_sdk20140923_pepper_emergency

残り30分ほどで、教わった技法を使って、簡単なアプリを作りました。
最初に Pepper が挨拶して、こちらから話かけると、身振りを入れて返事をしてくれるというものです。
20140923_pepper_app

開発環境にシミュレーターでついていますが。
出来ることは、サーボを設定して身振りをつけることくらいです。
それ以外の、センサーや音声認識などは、本体がないと、確認できません。
本格的に開発したい人は、秋葉原に通ってくださいとのことです。