タグ別アーカイブ: イベント

20160519_pepper_android_droid

人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応


20160519_pepper_android_droid

5月19日にソフトバンク本社で Pepper に関する記者発表がありました。
ニュースリリース:人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応

Pepper 本体に Android OS が組み込まれます。
Pepper にて Google Play にある Android アプリが実行できます。
Pepper が操作するような Android アプリも開発できます。
そのための Pepper SDK for Android Studio が無料配布されます。

なお、現状のモデルでは、対応できないそうです。
若干のハードの変更が必要とのこと。
それに対応したモデルは、7月から開発者向けに販売される予定です。

Pepper の Android アプリのデモがありました。
今のところ、象のモノマネをするものと、「今日は」としゃべるものの、2つだけでした。
20160519_pepper_android_app

ニュースリリースでは、下記にようになってます。
『Pepperの胸部ディスプレーをAndroid 搭載のものにし、NAOqiと連携させることで実現するものです。』

補足すると。
Pepper には2つのCPUが搭載されています。
本体の CPU では NAOqi が実行され、Pepper を制御しています。
胸のタブレットの CPU では Android が実行されています。
しかし、タブレットの Android の機能は制限されていました。
開発者も簡易的なWEBブラウザとしてしか使うことができませんでした。
今回の発表は、この制限を解除し、本来の Android タブレットとして使えるようにしたものと、推測されます。

従来のモデルでも、Android SDK があり、Android 端末から Pepper を操作することができました。
ワークショップ : Android アプリでPepperを喋らせてみる

今回の発表で、さらに Android 寄りに進めた感じです。

20160519_pepper_android_sticker

生活革命さんが少し踏み込んだ記事を書いています。
【速報】今「Pepperを買うか悩ましい」3つの理由。 Android対応は実質「新機種」の発表会だった! – 生活革命

メディア報道
【速報随時更新中】Pepperが世界展開に向けてAndroidのSDKに対応。7月にはAndoroid対応の新たな「Developerモデル」も販売開始 – ロボスタ
Android対応の「Pepper」、7月発売へ ソフトバンクロボティクスが発表 – ITmedia
PepperがAndroidに対応しました : ギズモード・ジャパン
「Pepper」がAndroidに対応–開発者数を100倍へ、Pepperなしでアプリ開発を可能に – cnet japan
PepperがAndroidに対応、ロボットアプリ開発SDKの無償提供を開始:ITpro
Pepper、Android対応に!開発者向けに7月発売 – RBB Today
「ロボアプリ開発者100倍増」狙い、PepperがAndroid対応 – MONOist
ペッパー君がアンドロイドで動く! 今年7月に対応版が発売 – ASAhIパソコン
PepperのAndroid対応は既定路線か – 日経テクノロジー
PepperのAndroid対応で生じるメリットと懸念 – IT Pro
Pepper the robot needs U.S. programmers – usatoday
Android now runs on androids – quartz

ワークショップ : Android アプリでPepperを喋らせてみる


20151002_pepper_android_opening

2016年5月19日の発表に関連して、この記事を読みに来た人へ。
人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応 もどうぞ。

10月2日に アトリエ秋葉原 にて Android アプリでPepperを喋らせてみる を開催し、講師を担当しました。
今回は、日本Androidの会 と アトリエ秋葉原 の合同企画で、Android 端末から Pepper を操作するという内容です。
Android アプリの開発経験者という参加資格だったにも関わらず、20名ほどの方に参加頂きました。

参加者層は、Pepper が初めての人が多いと想定していましたが。
実際には、初めての人は数人で、大多数は Pepper アプリの開発経験がある人でした。
当初の予定では、前半は Choregraphe による Pepper アプリの講習、後半は Android アプリの講習と、思っていましたが。
予定を変更して、Choregraphe の講習と、Android アプリの講習を、平行して行うことにしました。

最終的には、9割がたの人が、Android アプリを作成して、Pepper にしゃべらせることが出来ました。
20150903_pepper_speaker__main 20150914_pepper_move_toward _20151002_pepper_image_remote

ロボットスタートさんが記事にしてくれました。
「日本Androidの会 x アトリエ秋葉原 勉強会」に行ってきました。

ワークショップの資料
Android アプリで Pepper を喋らせてみる

Palmi アプリ開発環境の発表会


20150916_palmi

9月17日に DMM.make AKIBA で行われた Palmi のアプリ開発環境の発表会に参加しました。

Palmi富士ソフト が開発した コミュニケーション・ロボット です。
本年5月から DMM.make ROBOTS が発売しています。
本体価格は約30万円です。

今回の発表会は、アプリ開発環境を無償で公開するというものです。
従来は Palmi Application Studio という独自の環境で、GCC を使って ARM のクロスコンパラを実行するものでした。
今後は、マイクロソフトの Visual Studio がプラットホームになります。
現在は開発中で10月に公開予定です。

さらに、マイクロソフトのクラウドサービスとの連携が発表されました。
機械学習 (Machine Learning) や 顔や音声などの認識機能 (Perceptual Intelligence) などが提供されます。

本日から、Palmi 開発者サイト がオープンしています。

発表会の後半は、Palmi のアプリ開発者によるパネルトークでした。
もうひとつロボット P***** との違いなどが、面白く語られました。

20150916_palmi_developer

参考
ロボットスタート : [速報] DMM.comの「Palmi」ついにデベロッパー向け開発環境公開へ!
ロボットスタート : 「Palmi(パルミー)アプリ開発環境公開発表会」に行ってきました。 その1
ロボットスタート : 「Palmi(パルミー)アプリ開発環境公開発表会」に行ってきました。 その2
ロボットスタート : Palmiのデモアプリを作ったので、その全てを公開します。
Zeals : DMM主催!Palmi(パルミー)の開発環境公開発表会に、パネラーとして参加してきた。
MONOist : ロボット「Palmi」開発環境が公開、Visual Studioでアプリ開発可能に
CNET : DMM、ヒト型ロボ「Palmi」のアプリ開発環境&ストアを10月公開

Pepper を 春のファブまつり に出展しました


20150418_fab_sakura 20150418_fab_presentation

4月18日に さくらWORKS で開催された 春のファブまつり に Pepper を出展しました。
20150418_fab_pepper_person 20150418_fab_pepper_stand

お隣でやっていた 好きな具材でちらし寿司を作るワークショップ に、 Pepper も参加しました。
満足できる出来でご満悦の Pepper くん。
20150418_fab_sushi 20150418_fab_pepper_sushi

WiFi の調子が悪くて、すこすこ動くとはいかなかったのが、残念。
有線LANの用意など、Wifi がダメなときの対応を考えておく必要がありますね。

展示して感じたこと
Pepper に話かける人が多かったです。
現状では、WFiが繋がらない状態で動くアプリは、「もしかして、僕の話すのは初めてですか」だけです。
しかし、これはどういうきっかけで動き出すのか、全く分からない (^^;
簡単なキーワードで反応する雑談アプリみたいのが、欲しいですね。

また、ランチャー画面から任意のアプリを起動するというような仕組みが必要だなと感じました。
この辺は、一般販売の新型 Pepper には搭載されているらしいです。

会場に10名ほどのフランス人が来ました。
現状の Pepper は、英語・日本語だけで、フランス語が話せない。(^^:
私も、英語なら翻訳ソフトに頼りつつなんとかいうレベルです。
家電量販店では、数か国語で、案内を流しています。
そんなかんじで、数か国語で自己紹介をする仕組みが欲しいですね。

20150403_quiz_app_2

Pepper App Challenge 作品説明 その4


20150403_quiz_nao 20150403_quiz_pepper

2015年4月3日に アルデバラン・アトリエ秋葉原 で開催された Pepper App Challenge 応募者による作品説明 その4 に参加しました。
今回は「Quiz with Pepper」です。

Quiz with Pepper
「Quiz with Pepper」 は Pepper のタブレットに表示される写真に写っているものの名前を答えるクイズです。
クイズのデータは、WEBサーバーに保存されていて、Pepper からランダムに取得されます。
クイズのデータを設定するときは、WEBブラウザから人手で写真と答えの組み合わせを入力します。
デモをしたあとで、詳細を説明して頂きました。
20150403_quiz_demo 20150403_quiz_app

Pepper × WEB のサンプルアプリ
Pepper と WEBサーバー の通信は REST です。
Oyoyo Project さんから、REST のサンプルアプリが Github で公開されています。
Livedoor から 天気予報 のデータを取得して、Pepper が読み上げてくれます。
その場で試してみたところ、バーチャルロボットでも動作しました。
20150403_quiz_project 20150403_quiz_dailog

感想
今回のアプリは WEB と連動しています。
そのため、独自に Python ボックスを作っています。
WEB 関係は、標準的なボックスが欲しいですね。

Quiz with Pepper

Pepper 福岡空港に登場


20150316_pepper

Pepper が福岡空港の国際線のターミナルに登場するようです。
「あなたの旅先と趣向に合わせてpepperが土産をコンシェルジュ」と「pepperと福岡弁を海外で教えよう」が予定されています。

参考
福岡空港 : 福岡空港免税店で人型ロボット Pepper がおもてなし
毎日新聞 : 福岡空港:人型ロボット「Pepper」が接客

20150222_app_audience

Pepper App Challenge 決勝大会


20150222_app_audience

2015年2月22日に表参道の スパイラルホール にて Pepper App Challenge 決勝大会 が開催されました。
決勝大会の様子は ニコ生 でも配信されました。
会場には、200人ほどの参加者があり、超満員でした。

冒頭に、Pepperのこれまでの歩みと、開発者向けの発売について、紹介がありました。
先行ユーザには、無償のアップグレードが行われるそうです。
20150222_app_upgrade

Pepper App Challenge には、100件近い応募があったそうです。
一次審査を通過した10件により、決勝大会が行われました。
開発者がアプリに掛ける思いや苦労したことなどをプレゼンをして、7名の審査員が審査します。
プレゼンはどれも面白く、いろいろ刺激になりました。
審査員からは、それはスマホでもいいんじゃないの、Pepper としての個性が活かせていないなど、厳しい講評が出ていました。

最優秀賞は、認知症の高齢者をサポートする ニンニンPepper でした。
「社会的意義や今後の広がりだけでなく、思いの熱さや真剣さ」が評価されました。
おめでとうございます。\(^o^)/
20150222_app_ninnin_member 20150222_app_ninnin

会場の一番人気は、マッキー小澤さんによる クロースアップマジックへの挑戦 でした。
ロボットにマジックをやらせるとは、斬新な発想です。
マッキー小澤さんとの掛け合いも絶妙でした。
懇親会ではさっそく 師匠 と呼ばれてました。
20150222_app_magic

会場では おもしろ作品コンテスト の投票も行われました。
上位10作品から、来場者の投票により、最優秀賞が選ばれました。
動画部門は、壮絶!ロボット対決。ルンバ vs Pepper
写真部門は、Peperはどこ
私の作品も、応募作品の中に展示されてました。
20150222_app_photo 20150222_app_my_photo

懇親会では、参加者と歓談したり、クロースアップマジックがあったり、楽しかったです。
料理も豪華で、Pepperケーキがあり、満足しました。
20150222_app_cake 20150222_app_food

お土産にチョコとシールを頂きました。
20150222_app_souvenir

決勝進出作品
ニンニンPepper / プロジェクトチーム・ディメンティア
Pepperセルフィ / IMJ すまのべ!
ペッパーのクロースアップマジックへの挑戦 / マッキー小澤
Pepper受付スマホ通知アプリ / イサナドットネット株式会社
ウェルネス Pepper / イサナドットネット株式会社
quiz with pepper / OYOYO-PROJECT
pepper remote / OYOYO-PROJECT
忍者ゲーム / とのさまラボ
ペッパービンゴ / とのさまラボ
SabiDon with pepper / Team SabiDon (使用楽曲著作権の都合上 YouTubeへの掲載なし)

観覧者を含む全員による記念撮影
20150222_app_group

参考
アトリエ秋葉原:Pepper App Challenge 2015 を開催しました
日経:ヒト型ロボ「ペッパー」アプリ、認知症支援に最優秀賞
西日本:認知症向けアプリが最優秀 人型ロボのコンテスト
週アス:高齢者ケアからマジックまでPepperアプリコンテストの未来感がスゴすぎ
ASCII: 介護からマジックまで!? 「Pepper App Challenge 2015」でロボットプラットフォームの未来を見た
WIRED: Pepperは「おしゃべりロボット」ではない。プラットフォームなのだ
JapanTimes : Contest for humanoid robot Pepper won by team with app to help dementia patients
「Pepper App Challenge 2015」決勝大会レポート

20150219_pepper_2

Pepper 慶應大学の研究展示会に説明員として登場


20150219_pepper

Pepper が慶應義塾大学の研究展示会に説明員として登場します。
田中浩也研究室 の協力を得て、学生が自身の展示物を説明する Pepper アプリを作成して、Pepper を説明員として活用します。

XD Exhibition2015
【日程】 2015年 2月28日(土) – 3月1日(日)
【時間】10:00 – 19:00 入場無料
【会場】 二子玉川ライズ・オフィス 1F エントランス、6F スカイロビー、8F CatalystBA

「XD Exhibition2015 #define X」は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 X-Designプログラム所属研究室による合同研究展示会です。
X-Designプログラムでは、伝統的な「〇〇デザイン」ではなくまだ確固たる名称のないデザイン領域(=X)の「開拓」に積極的にチャレンジすることを理念として掲げています。 本年度は「#define X」をテーマに、一人ひとりが自身の研究はどのようなデザインであるのかを明らかにすることで、Xを定義することを試みます。

Pepper, HTML5 Conference に登場


20150125_pepper_1

1月25日に東京電機大学で HTML5 Conference が開催されました。
私は参加していないですけど (^^;

Pepper も参加していたみたいですね。
ヤマハの音楽作成アプリや、とのさまラボの忍者ゲームなどが、展示されたようです。
20150125_pepper_2 20150125_pepper_3

参考
html5j: Pepper x HTML5 HTML+JavaScriptでロボットが動く、歌う、魅せる!
Peper Facebook
HTML5 Conference 2015に参加、pepperくん大人気!
Pepperもいた!HTML5 Conferenceに参加してきました

20150119_club_board

Pepper Pioneer Club Meetup


20150119_club_audience

1月19日に六本木の FreakOut で行われた Pepper Pioneer Club Meetup に参加しました。
Pioneer Club は、Pepper の購入者を対象とした会員限定の会合です。
今回は、歓談がメインでしたが、Pepper に関する発表や、デモ展示などもありました。
20150119_club_demo 20150119_club_demo_2

発表では、岡田慧 さんのロボットプラットフォームが興味深かったです。
日本のロボット研究者は、1200人くらいとのこと。
研究レベルでは、1台数億円するようなロボットも使われているが、高価なので一部の研究者に留まっている。
一方、Pepper は現在200体あり、それだけで研究室のロボットの台数よりも多いかもしれない。
近年、ロボットOSはオープンソース化が進んでいる。
1つの研究室で開発された技術を、世界中の研究室で使うことが可能になってきている。
Pepper のような安価なロボットが普及すると、100体のロボットを使うような新しい分野の研究も可能になってくる。
研究レベルの技術が、Pepper で利用可能になるのも、そう遠くないのでは。
20150119_club_okada_1 20150119_club_okada_2

Pepper が発表のタイムキーパーを担当してました。
ドラを鳴らすところまでやってくれると、完璧ですね。
20150119_club_kepper 20150119_club_board

当日は、Pioneer Club の会員証も交付されましたが。私は購入手続きが完了していないため、貰えず (^^;

会員証が貰えず、ガックリする Pepper (ではなく、デモが終了したあと)
20150119_club_close

参考
Pepper Pioneer Club Meetup
「第1回 Pepper Pioneer Club Meetup」参加レポート
Pepper Pioneer Club Meetupに行ってきました